職業体験とアルバイト

先日、向日市にある東向日駅近くの中華料理屋さんで昼食をいただきました。
というのも、当塾に小学校入学前から在籍し現在中学2年生の生徒が、そのお店で職業体験中(※)だからです。
※京都市・向日市の公立中学2年生は全員、1週間ほどの日程で一般企業を訪問し職業体験をする制度があります。体験先さえ教えてくれれば、毎年私がお客として潜入しています!
私が初めてアルバイトをしたのは大学1年生。中学生にとってはどれほど大変で緊張するか、想像に難くありません。
必死にお皿を洗うその生徒を見て、懐かしい記憶がよみがえってきました。

〜〜〜回想開始〜〜〜

当時、大学生の私は「仕送りを受けず自立して生活する!」という謎のプライドを掲げ、家賃1万5千円の下宿に住み(その部屋の形はもはや四角形ではなく三角形だった)、日曜日は3つのアルバイトをハシゴする日もあり、月末は小麦粉が主食になるなど極限の生活を送っておりました。

そんな私が初めてしたアルバイトは日本〇運の引っ越し作業員で、2年ほどの期間です。
重労働ではあるのですが、全く見ず知らずの人のお家におじゃまするという非日常の体験は、後にも先にもあの機会だけで、非常に貴重な体験でした。
その中でとても印象に残っている依頼主がいます。その家庭はお父さんと小学5年生の娘さんの2人家族で、公営住宅への引っ越しです。

「おにいさん、その荷物は台所ね」
「その段ボールはあっちの押し入れに、それはこっち」
「おじさんちょっと待って、その中身確認させて!」
「このタンス、もう少し奥に移動できない?」

8人の作業員にこれらの指示を出すのは、なんと全て娘さん。お父さんは控えめな方で、全ての決定権は小学5年生の少女。
やがて作業員全員が、お父さんではなく娘さんに「これはどうする?」と確認するほど、堂々とした采配ぶり。
「この子は小学生ながらこの家庭を支えているのだ・・・」と思うと同時に、自分も頑張らなくてはと思った記憶があります。
引っ越し完了後、帰りのトラックの中で作業員誰もが「あの子は、すごいな」と絶賛したものでした。

〜〜〜回想終了〜〜〜

かつて私が「きょうはね、ひらがなの『あ』のかきかたを、まなびましょう!」と教えていた生徒が、いつの間にか社会に貢献できるまでに成長したかと思うと、子供の成長とそれにともなう変化にはすさまじいものがあると実感させられます。洗い場で頑張るその生徒にひとこと声をかけ、お店を後にしました。私も成長し続けなければ、と決意を新たにした一件でした!


育星舎 伸学アルファ桂へのお問い合わせは こちらから
 
yururin | 伸学アルファ桂 | - | -

「生徒」が「学問」を支えている?

「ここじゃ過去なんてものには一文の値打ちもないのかもしれんな」
 
生徒たちにとってはもうすっかり当たり前になってしまっているのですが、私は相当のアニメ好きです。と言っても最近の作品はほとんど見なくなってしまいましたが。上記のセリフは1980年代に流行った某ロボットアニメ劇場版作品の一つです。(当時から見て)近未来である2000年代の東京、昭和の古い家屋が壊されるシーンで登場人物の一人がぼそりとつぶやくセリフです。
最近塾の前にある家屋が取り壊されていました。私の通勤路でも何かの会社だったのでしょうか、ビルらしきものの解体がなされ、ものの一週間たらずで更地になってしまいました。そんな風景を見てこのアニメのセリフが不意に思い出されました。
かと思えば、久しぶりに河原町や京都駅に行ってみると、見慣れない店や建物ができています。京都では高校も公立私立ともに新設、校舎移転などが相次いでいます。きれいで目新しいのはよいことなのですが、ふと「これが建つ前は何が建っていたかな?」と思いだそうとすると、ちっとも出てこないことが多くあります。うーん、単に歳のせいかもしれませんが・・・。
京都は歴史ある街、昔のものが多く残る街、というイメージがありますが、地域によって新陳代謝が盛んなところとそうでないところがあります。そして観光地とされている所は「盛んな」ところと言えます。お寺も神社も祇園の花見小路も、よくよく見ていると修理や建て替えが頻繁に行われています。浄土宗総本山知恩院は現在御影堂の大修理中、下賀茂上賀茂両神社も式年遷宮が済んだばかり。歴史的なものを残すためには細やかなメンテナンスが必要なのでしょう。逆に、メンテナンスがなされていない過去は、前述のように忘れ去られてしまうのではないかな、と思います。
忘れ去られてしまう過去に「一文の値打ちもない」とは言い過ぎかもしれませんが、忘れ去られないためには相応の努力や出費は必要なのでしょう。京都という街が今の地位にあるのはそういった努力とコストの積み重ねの結果と言えます。ただ古いだけでは価値は生まれません。
思えば学問も連綿たる過去からの遺産ではありますが、それもまた常に刷新され、努力して勉強する生徒たちがいるから価値あるものとして今存在しているだとつくづく思います。生徒自身は半分いやいやなのかもしれませんが、それってとても大事なことなんじゃないでしょうか。勉強は本人の進路や将来のため、と同時に学問としてもその価値を維持することに通じる。今必死で勉強しているその学問は、他ならぬその生徒自身が支えているものだと思えば、ちょっとは勉強する意義が見えてくるのではないでしょうか。
 
さて、私もあまり古いアニメ作品を懐古するだけじゃなくて、たまには最近の作品も見てみましょうか・・・?


伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

何かの役に立つものではありません

今月は相次いで日本人のノーベル賞受賞者が発表されました。
大村博士は微生物の研究を長年されて、その過程で発見された物質が農薬や医薬品に利用されおり、特にアフリカで多くの人が失明をしていた病気の治療法として効果があったことに対して今回の受賞が決まりました。
梶田博士は、2002年に同じくノーベル物理学賞を受賞した小柴博士のもとで、素粒子「ニュートリノ」というものの研究をされ、これまであまりに小さくて質量がないとされていたニュートリノが振動することを発見、ニュートリノに質量があることを証明したことで受賞が決まりました。
梶田博士の受賞決定のコメントがとても印象に残っています。
 
「この研究はすぐに何かの役に立つものではありません」
 
なるほど、ニュートリノに質量があるというのは何か実用的な発見でも研究でもないようです。しかし梶田博士はコメントをこう続けられます。
 
「しかし、この研究は人類の知の地平を拡大する、そういう研究です」
 
塾で勉強に悩む生徒が時々もらす言葉はたいてい決まって「こんなん何の役に立つん?」です。その気持ちはよくわかります、私もそうでしたから。「社会に出たら学校の勉強なんて何の役にもたたない」という大人もたくさんいますし、実際そういう場面も多々あるでしょう。でも、学校で勉強する物事って、「人類」とまでは言わなくても「自分」の知の地平を広げるものなんじゃないでしょうか。
すぐに役立つわけではないし、一生使わないかもしれない。そんな勉強や研究の上に私たちの世界は成り立っています。役に立たないんじゃなくて、役に立てていないだけかもしれません。何がどこで役に立つかなんて誰にもわかりませんし。ただ、そんな研究の蓄積が足下にあるぞ、と知っていることは重要なんじゃないかな、と思います。
 
大村博士の研究は多くの人の命を救い生活を助ける、まさに「人類に貢献する」研究です。博士は受賞決定のコメントでこのようにおっしゃられました。
 
「賞の半分は微生物にあげたい」
 
一見とるに足らない足下の微生物がこの研究発見の立役者ということを考えると、すぐに役に立つ勉強だけが学問ではないんじゃないかな、と考えさせられます。


伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
 
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

「世界史」

 
 久しぶりに「世界史」関連の本が読みたくなって、何冊かまとめて読んでみました。
高校2年生の時に世界史にはまって、他の教科そっちのけで、重箱の隅をつつくような
勉強をしたことがありました。いわゆる世界史オタクというやつで、一番やってはいけ
ない勉強のやり方をしたと今では思いますが、当時は数学の先生ともめてまで(注1)
のめり込んでいました。果ては、定期テスト前の土曜日に世界史の「授業」までする
(注2)ありさまでした。

 世界史のS先生というのが、白髪で英国紳士みたいな方で、お洒落で語り口も軽妙、
とても魅力的な先生で、最初の授業の時には、「世界史は嘘が多いから、都合のいいよ
うに作り替えられている」と言われ、いっぺんに虜になったことを覚えています。


 竹林七賢     武韋の禍     カノッサの屈辱

 都市の空気は自由にする     ボストン茶会事件


 魅力的な用語の連続で、毎回ワクワクしてとても幸福な時間を過ごしていました。カ
ノッサの屈辱!?何というネーミングセンスなの、と衝撃を受けたのは言うまでもありま
せんでした。

 今年は、しばらく世界史関連の本を読むことが続きそうな予感です。


(注1) 数学の先生に、「今回はテスト勉強しないから、赤点間違いなし」と軽口を叩
     いて、そのことが逆鱗に触れて職員会議で問題視されたこと。

(注2) 当初は7人だったのが膨れ上がって30人ほどになり、参加していたN君が世
     界史学年1位、教えていたほうが2位になった「伝説」の授業。


今回の書籍
『世界史の極意』              佐藤優   NHK出版書籍
『名画で読み解くハプスブルク家12の物語』 中野京子  光文社新書
『青木裕司 世界史B講義の実況中継』 ↓   青木裕司  語学春秋社
『2時間でおさらいできる世界史』      祝田秀全  大和書房
『2時間でおさらいできる世界史 近現代篇』   祝田秀全  大和書房


 伸学アルファ 衣笠 木村
 育星舎 伸学アルファ衣笠へのお問い合わせは こちら から
 
yururin | 伸学アルファ衣笠【集団】 | - | -

女子力高めの単語帳

高校生英語につきものなのが英単語の暗記。
同じページを何度も見返し、登校中のバスや電車内で確認し、そして表紙はボロボロ。
中学の単語暗記など比にならない過酷な日々。

もはやこれは自分の能力と1000を超える語群との戦い!
そんな苦い思い出を持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし時代は変わりつつあります。先日、ある生徒が手にしていたものは・・・

なんとまあ、カラフル。
その名も「ターゲット1900 SWEET2015」 英単語とスイーツの・・・奇跡の融合!

ターゲット1900といえば青い表紙にペーパークラフト調の犬。しかしこちらは全面マカロン。中のページにもマカロン。
「英語単語嫌いの女子の心を少しでも和らげることができれば・・・」そんな旺文社の歩み寄りがうかがえます。
※選べるカバーデザイン企画は今年で4年目。SWEETの他にCOOLバージョンもあります。

英単語学習は甘くはありませんが、少しでも身近に感じることができれば暗記の結果も変わってくるのかも知れませんね。

育星舎 伸学アルファ桂へのお問い合わせは こちら から

 
yururin | 伸学アルファ桂 | - | -

私立高入試。今のあなたは万全です!

2月はいよいよ高校入試がスタートする月。私立高校入試前日の9日、今年も受験生を送りだしました。
「試験前日も自習に来なさい」とは言わなかったものの、向日市在住の生徒を含め全員が来塾。どの生徒も緊張しすぎている様子はなく、普段通り明るい表情で安心しました。


※前回ご紹介の消しゴムケース展開図、組み立てたところ。これは受験生のみに贈られる特別仕様。その周りは一緒に生徒に贈る受験応援グッズたち。

これが初めての受験の生徒もいれば、エスカレーター式の高校ならばこれで最後の受験となる生徒もいることでしょう。そのような貴重で重要な節目に立ち会うことができ、わずかながらでも彼らの背中を押してあげられたことを嬉しく思います。

いまのあなた達は万全の状態。全ての問題はあなたに解かれるためにある。
この緊張感を楽しんでくるように!

育星舎 伸学アルファ桂へのお問い合わせは こちら から
 
yururin | 伸学アルファ桂 | - | -

本番前日

2/10(火)はとうとう本番、高校私立入試となります。



毎年恒例の合格応援グッズ。
写真のお守りは私が講師になった時からの取り組みで、担当する受験生全員に自宅近くの神社で購入できる「学業成就御守」をプレゼントしています。

生徒さんが試験会場に入ってしまうともう私達はもう何もできません。
いつも通り(以上)の力を発揮できるよう祈るだけです。

頑張れ!受験生!


伸学アルファ出町 塾長

育星舎 伸学アルファ出町へのお問い合わせは こちら から
 
 
yururin | 伸学アルファ出町 | - | -

受験生に送る言葉


私立高校の受験まであと3日、公立高校の前期試験まであと10日ほどとなりました。大学受験はもうすでに終わっている生徒もいますが、一般入試をする生徒はまさに本番真っ最中といったところです。受験生に送る言葉を毎年考えていますが、今年はこれにしました。
 
「一眼、二足、三胆、四力」
 
剣道をしている中二の生徒から聞いた言葉です。彼は中学入学前から通塾してくれているのですが、その一方で剣道に非常に熱心に取り組んでいます。剣道場に所属し、連休や夏休み・冬休みなどは大会に出場するため他府県を飛び回っています。文武両道を志す彼曰くその心は、
 
「最も大切なのは洞察・観察、その次は足さばき、次に心持ち(胆力)、そして技力」
ということだそうです。
 
なるほど、これは受験やテストを受ける心がまえにも使えるのではないかな、と思い少し手を加えてみました。
 
一眼・・・まずは問題をよく見る。
二足・・・解答する場所に注意。(足さばき=ポディショニング=場所・・・苦しいかな?)
三胆・・・あわてない、動じない心。
四力・・・学力の出番はそれから。
 
これは私が勝手に解釈したものですが、わりと元ネタにも通ずるものがあるんじゃないかな、と思います。武道と受験、形は違えども勝負の世界はどこかでつながっているのかもしれません。
では、受験生諸君、受験生でなくても学年末試験を控えている諸君、頑張ってきてください!


伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から

 
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

常に挑戦する姿勢を大切に

昨年から、塾内外の掲示物などにイラスト作成ソフト「イラストレーター」を頻繁に使うようになりました。
それまでは「ワード」を使用していたのですが、イラストレーターはワードでは出来なかったいろいろな表現ができるため、非常に奥が深いです。
とは言っても全くの素人。専門書を買い、謎の専門用語を調べ、ネットで技法を検索し、試行錯誤の日々。まだまだ自由に使いこなすには至っていません。

※イラストレーターの画面。わかる生徒にはおなじみ、あの消しゴムケースの展開図(2015年バージョン)


※サンタさんからの贈り物。あの消しゴムケースの展開図(2014年クリスマスバージョン)


※初めてイラストレーターで作成した、昨年の大判告知物。

作成に苦戦し、「どうやったらいいんだ…?」という初心者の視点に立つと、「勉強に苦戦している生徒は普段このように感じているのだな」と再認識させられます。
加えて、生徒には日々「新しい単元でも恐れず挑戦しな!」と激励している手前、イラストレーターのような新しい技術の習得など、こちらとしても常に新しいことに挑戦する姿勢を大切にしたいものです。

育星舎 伸学アルファ桂へのお問い合わせは こちら から

 
yururin | 伸学アルファ桂 | - | -

体調管理

 先日朝起きると、なんだか体が重たい。筋肉痛の軽いのが全身で起こっているような感覚です。「風邪かな・・・?」と思ったのですが、熱はなく鼻や喉も平気です。念のため葛根湯なんかを買ってきて飲んで、マスクをして出勤したのですが、その日の夜はくしゃみの嵐に見舞われてしましました。幸い熱は出なかったのですが、その日の夜は薬を飲んで早々に就寝。すると翌日はケロッと治っていました。
 今でこそ頑丈そうに見える私ですが、実は小学校に上がる前は喘息+病弱な体質の子どもでした。よく風邪をひく、喘息の発作、おなかを壊す、卵アレルギーと親には心配をかけたものです。中でも5歳の夏、母親の実家に行った先で髄膜炎(ずいまくえん)なる病気にかかってしまい、一週間ほど入院をしたことがあります。当時はただただ気持ちが悪い中を、病院のベッドで寝て過ごし、何やらデカい痛い注射を背中に二回ほど刺される・・・といった記憶しかありませんでした。大変だったのは母親が私につきっきりだったため、その間一緒に来ていた当時2〜3歳のただでさえ泣き虫盛りの妹が、一週泣きに泣いて祖母を辟易させていたことでしょうか。後から聞いた話、入院中私は40度の熱を出していたそうです。しかしその発熱を乗り切ったおかげで免疫力がついたとか何とか、それから今日まで喘息以外病気らしい病気をしたことがありません。調子を崩しても熱が出ることはほとんどありません。
 いや、そうした状況に甘んじていたのでしょうか。帰宅後自宅をよく見ていると、窓が少し開いたままでした。どうも最近寒いと思っていたのは、気候のせいだけではなくこのせいか・・・。
 これから受験生には勉強と同時にコンディションの管理もしていってもらわなければなりません。受験生でなくても、定期試験の当日早朝から開講している『朝学』で「昨日は三時間しか寝てへん〜」なんて言う生徒に対して「馬鹿モン!!」と言っている手前、自分の体調管理がおろそかになるのは恥ずかしい限りです。
 何をするにも体が資本というのは言い得て妙で、上記の生徒のようにコンディション度外視で勉強時間にあてても、身に付くものは少ないです。能率が下がるか本番で集中力を欠くか、どの道マイナスにはなってもプラスになることはありません。定期テストや受験を目前にした中学生・高校生がそういう心理になることは理解できますが、そういう状況は直前ではなく一週間前、一か月前、「まだ時間あるやん・・・」と思っているときに行うべきでしょう。ということで、受験生の諸君、冬期講習がその時期です!!

 そして、そういった生徒たちを最適のコンディションにしなければならない立場にいる私が風邪気味になるとは・・・反省しています・・・。

伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から

 
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -
blank