一勝の重み

今年も9月4日から7日にかけて、MKボウル上賀茂でMKチャリティカップが開催された。
今年で8回目になるこの大会、ここ数年は毎年観戦に出かけており、連日プロの投球のすごさと大会の雰囲気を楽しむのが秋の恒例行事になってしまった。
もっとも、午後からは仕事があるので、午前中だけしか楽しめないわけだが、この4日間私が遅刻ぎりぎりで塾に到着していた理由を知る者はだれもいないはずだ。(笑)

さて、今年の大会、男女ともに初優勝で幕を閉じた。
男子の優勝は鈴木博喜プロ。
プロ入り16年目にしての初優勝。
女子の優勝は阿部聖水プロ。
こちらもプロ入り12年目にして初の栄冠を手にした。

二人の優勝を知った後、MKボウル上賀茂専属の石橋プロにうかがった話だ。
阿部プロは大会にはいつでも20個ほどのボールを持ち込み、そのすべてのボールを練習日に投げてみて、感触の良い6個のボールで大会本番を戦い抜くのだという。
それぞれのボールの特性がすべて頭に入っていないとできない芸当なのだが、ボールの特性を全部頭に入れておくなど、練習量が豊富でないとできない理屈だ。
それもこれもすべては初の一勝を手に入れるため。阿部プロは何年も前から準優勝や三位が多く、勝てそうでなかなか勝てないプロ、と言われ続けてきた。おそらく今回の大会で、勝ちたいという想いが一番強かったのは阿部プロではなかったか。

「どうしても優勝したかった」とは、初優勝を決めた後のインタビューですべてのプロボウラーが発する言葉だ。
優勝したい気持ちはだれでも持っているものだが、現実に一度でも優勝するというのがどれくらい難しいことか、何度も苦い目に会って、負かされ続けた末の、シンプルかつ正直な言葉なのだと思う。

我々ファンも優勝経験者に対しては「○○の大会で優勝したプロ」として敬意を持って接するようになる。
今大会で優勝した二人のブログを読んでみると、二人とも初優勝後はあちこちのボウリング場で優勝記念プロチャレンジを開催してもらえたりと、以前にも増して忙しそうだ。
どんなに強くて上手いプロでも、何度大会に出ても、なかなか勝てない。
これが現実だ。
そこを乗り越えての見事な一勝。

先日、スカイAでMKチャリティカップの決勝戦の模様が放送された。
だれが優勝したのか、結果は当然知った上で見ていたわけだが、勝てるときにはどうやら運をも味方につけてしまうようだ。
そして優勝インタビュー。
「今まで散々悔し涙を流してきて、今回初めて、嬉しくて泣くことができました。」
阿部プロの両目に大粒の涙が溢れていたのは言うまでもない。

二人とも、二勝目を目指して頑張ってほしい。

私も二人のブログを毎日チェックするようになりました。(笑)


Vキャンパス 塾長


育星舎 Vキャンパスへのお問い合わせは こちら から
yururin | Vキャンパス | - | -

自信の根拠

先日のことである。

晩酌をしながら、録画しておいたボウリングの大会を見ていた。

解説は、日本プロボウリング協会理事の杉本勝子プロと、プロ入りしてから間のないもののすでに男子プロのトップとして君臨する川添奨太プロだ。

決勝戦での解説。 杉本プロが、「こういう舞台で自信を持って投げられるようになるために、私はとにかく練習しました。」
杉本プロは現役を退いてはいるものの28勝を上げている永久シードプロだ。
対して川添プロも、「私も同じです。こういう大舞台でも決してあがらないように人の何倍も練習しています。」

川添プロはまだ若いしプロ入りしてから4年ほどしか経っていない。
しかしすでに9勝もしている。
さすがに練習は存分にやっているようだ。

続けて、 「私はたいてい大会の二三日前に会場入りして、大会の行われるレーンで練習してから投げるボールを選択しています。」 ともさらりと話していた。
プロで大会の二日も三日も前に現地入りして練習する選手などほとんどいない。
こういうことを当たり前にできるところが川添プロの強さの秘訣なのだろう。

スポーツでも囲碁将棋でもそうだが、プロになるだけでも並みのことではない。
しかし、そのプロの中に混じって優勝するのはさらに普通のことではない。
プロになったはいいが、泣かず飛ばずで終わる者も多いのが現実だ。

日頃の練習、そして大会前の入念な準備、こういうことがさらりとできるから、優勝という結果も出せるし、また「ええ、やってますよ。」とさらりと受け答えできるのだろう。

これを聞いて、 住む世界は違えどもこちらもプロである以上、当たり前のことを日々当たり前にこなしていこう! と、また気持ちを新たにするのであった。(笑)


  Vキャンパス 塾長

 育星舎 Vキャンパスへのお問い合わせは こちら から

     

yururin | Vキャンパス | - | -

ようやく80点台に

5月という時期はどの学校でも中間テストが実施される。

私たちも、日曜出勤を含めて各生徒が中間テストで高得点を取れるようにテスト対策指導を実施している。

さて、どの生徒にも頑張ってもらいたいのはもちろんだが、中でも、「この生徒には是非ともこれだけの点数を取ってほしい」と切に願う生徒が何人かいる。

Aさんもその一人。

入会は中1の年末で、「英語の成績が悪い」というので友人の紹介で入会してもらった生徒だ。

中学入学時から他の塾に通って英語を習っていたそうだが、「それでこの点数か?」とこちらが驚くくらい当時の英語は低い点数だった。

「英語で平均点なんてとてもとても。」と、中学入学以来の英語の成績を知るお母さんも半ば諦めかけていたようだが、

「まずは平均点を目指しましょう。」

と、年明けから英語指導を開始した。

Vキャンパスの英語指導には特徴がある。

指導の甲斐あって、Aさんの英語力もすぐに上がってきた。

中1学年末の結果は、二学期末テストほど悪くはないし、平均点との乖離も大幅に縮小した。

しかしなんだか物足りない。

私が見る限り、「もっと得点できてもいいはず」なのだ。

その後の中2になってからの定期テスト。英語の成績が学年平均程度に取れるのはそのころには当然になっていたし、

「悪くはない」

しかし、うっかりミスや英単語のミスが重なって得点が伸びない。

なんだか物足りない・・・。

毎月毎月のお手紙にも、
「Aさんは実力は十分にあります。これだけの力がありながらAさんの点数が伸びないのは私の指導歴の中でも七不思議の一つです。」
と書き続けるくらいの物足りなさだ。

中3になっての一学期中間テスト。

テスト一週間前から、「今度こそ!」と私も気合を入れ、テスト範囲を徹底的につぶした。

今回こそはAさん自身の中にも手応えがあるようだが、その反面、いつものようにうっかりミスで10点以上の失点をするのではないか、と不安ものぞかせている。

さあ、テスト返却日。

お母さんから「びっくりです!英語が80点でした!」とのメールをもらった。

平均点は66点。

ようやく、余裕で平均点を越えたと自信を持って言える点数が取れた!

テストを見直してみても今回は今までのような大きなミスがなくなっている。

「やれやれ」というのが正直なところ。(笑)

ここまで来るのに一年三ヶ月かかった。この間、Aさんは真面目にコツコツと宿題をこなしてくれた。この真面目さがなければおそらくここまで成績を上げることはできなかっただろう。

一つの山を越えて、今後のAさんにはさらに上を目指してもらいたいところだ!


Vキャンパス 塾長
  育星舎 Vキャンパスへのお問い合わせは こちら から

     

yururin | Vキャンパス | - | -

禁酒の効果

 5月はじめ、わけあって10日ほど禁酒することになった。

とある薬を服用することになって、
「この薬を飲んでいる間はアルコールは飲まないでくださいね」
と、お医者さんにさも当然のことのごとくに命令されてしまえば、飲みたくとも飲むわけにはいかないからだ。

なぜそんな薬を飲むことになったか、薬の副作用で眠れずにどれだけ往生したか、についてはここでは触れない。

とにかく、10年以上も晩酌を欠かしたことのない私が、意思に反して10日ほどの禁酒を断行した。

手が震えたりするのかと怯えていたのだが、禁酒をしても特に禁断症状に苦しむこともなく、酒を飲まないことには意外にあっさりと慣れてしまった。
酒なんか飲まなくても一向に困らない。
酒飲みを自認していたのになんだか肩透かしをくらった感じだ。(笑)

さて、このことを知っている人はほとんどいないのだが、私は尿酸値が高くて、毎日薬を飲んでいる。

なぜ尿酸値が高いのか。

毎日酒を飲んでいるからだ。(笑)

ところがこのたび10日も酒を抜いてしまったので、私としては自分の尿酸値がどうなっているのか気になるところ。

禁酒最終日に尿酸値の薬をもらっている病院を訪れ、血液検査を受けてきた。

その結果であるが、

「尿酸値が基準値を下回ってますね。これなら薬を飲む必要ありません。薬を出すのをやめましょうか?」

というくらいの劇的な変化が。(笑)

わずか10日ばかりとはいえ、せっかく酒をやめたのだから、この際いっそのこと完全に酒をやめてしまえばよいではないか、との内なる囁きも聞こえないではないが、

その気になればいつでも酒をやめることはできるとわかったので、その後も相変わらず酒を飲みつつ薬で尿酸値を下げている。(笑)


  Vキャンパス 塾長
  育星舎 Vキャンパスへのお問い合わせは こちら から

     

yururin | Vキャンパス | - | -

He is taller than me?

 「彼は私よりも背が高い」

これを英語で書くと・・・

He is taller than I.

となるに決まっている。

と、だれでも思うだろう。

理屈をこねれば、

He is tall. と I am tall.

とを比較しているわけであるから、

He is taller than I am tall.

となって、

重複ないしは相手の容易に想像できる言葉は英語では省略するのが普通であるから、

He is taller than I.

となる。

と、学校では習う。

これを、

He is taller than me.

などと書いた日には、

「馬鹿者〜!」

と怒鳴られるのが相場だ。(笑)

いや、だった。

数年前から、大学受験用の問題集では

He is taller than me.

も口語的表現としてオッケーである、とするものが多くなり、

私も何度も生徒にこのことは説明してきたし、いずれ教科書にこのような表現が掲載される日も来るのだろう、と予期はしていた。

さて先日のこと、

ある新人講師が

He is taller than me.

と書いた生徒にお説教をしている。

英語の得意なその講師は、先に書いた理屈を滔々と論じているわけだ。(笑)

それに気づいた私は即座に飛んでいって、

「実はかくかくしかじかである。よって今では He is taller than me. という言い方も可となっている。」

との説明をした。

その講師の愕然としたこと。(笑)

実は近時の教科書にはすでに He is taller than me. が載っていて、

教科書に載るということは、アメリカではごく一般的な表現として使われているに違いない。

英語は言語であるから、時代とともに変化するのが当然で、

昔習った言い回しや文法が通用しなくなることもありうる。

私の父(教師)が昔言っていたことだが、

「昔は have というのは特殊な動詞で、 Do you have a pen? と言ってはダメで、 Have you a pen? と言わなければならなかった。」

のだそうだ。

中学生の頃に聞いた話で、ただ「ふ〜ん」と聞くだけで真偽を確かめたりもしなかったのだが、

今から考えてもありうる話だとは思う。

話を戻して先ほどの講師、自分の英語に対する自信を打ち砕かれて指導の手が緩むのかと思ったら、

また今日も

「馬鹿者〜!」

と、間抜けな答えをした生徒を怒鳴りつけている。

新米で生徒を真剣に怒れる者は少ないが、この調子なら大丈夫だろう。(笑)


  Vキャンパス 塾長
  育星舎 Vキャンパスへのお問い合わせは こちら から

     

yururin | Vキャンパス | - | -

電王戦はプロ棋士の負け越し

 前回も書いた将棋の電王戦。5人のプロ棋士に5つのパソコンソフトが挑むという団体戦だ。

第3局が終わってプロ側の1勝2敗だったが、第4局では持将棋、第5局ではプロが負けて、プロ側の1勝3敗1分けで幕を閉じた。

第4局と第5局に登場した塚田九段や三浦八段は、将棋の門外漢である私でも知っているくらい有名なプロだし、二人ともかつてはタイトルを持っていた。
特に三浦八段は現役のA級棋士でもある。

一方のパソコンソフトのほうだが、第5局に登場したGPS将棋はなんと680台ものマシンをつなげて1秒に2億8000万手も読むらしい。(笑)

これをはたして、パソコンが力技で人間をねじ伏せた、と言っていいのかどうか。
力技では人間がコンピュータにかなわないのは最初からわかっていることで、今やコンピュータのプログラムが一流棋士の思考を真似できるまでに進歩したということなのだろう。

4月13日の敗戦のときもつらかったが、今日(4月20日)の敗戦を知ってこれまたつらい。
某掲示板をのぞいてみたら、「これから将棋界はどうなってしまうのか」など、電王戦関連のスレッドが立ちまくりでえらい騒ぎになっている。

その書き込みの中に、
「GPS将棋はもはや神の領域に達した」
というものがあった。

これを読んで思い出したのがこんな話だ。

昔々、囲碁の藤沢九段と将棋の芹沢九段とが酔っていて、
「囲碁・将棋のすべてを100としたら、自分はいくつを知っているか。お互い紙に書いて見せ合おう」
ということになった。
こっそりと書いた数字を見せ合うと、どちらかが4か5と書き、もう一方が6と書いたのだという。
囲碁・将棋のプロ九段でさえその程度しか知らないものなのか、と数字の少なさに驚いた覚えがある。
当時の自分はアマの初段程度だったろうか。その時期に私がこの質問をされたら、「100のうち10くらいは知っていると思う」と答えたに違いない。
その後次第に強くなるにつれ、自分が囲碁のことをまったくわかっていないことがはっきりと自覚されてきて、
「なるほど藤沢や芹沢が書いた数字は単なる謙遜ではなかったのだな」
と感じられるようになってきた。

神を100として、人間の能力は6だか7だかが限界であるらしい。
そしてコンピュータは、今や人間に追いつき、さらには追い越しつつあると言ってよい。

今のコンピュータにこの質問をしたらどう答えるだろう?
「神を100として、君は将棋のことをどれくらいわかっているのか?」


Vキャンパス 塾長
育星舎 Vキャンパスへのお問い合わせは こちら から

     

yururin | Vキャンパス | - | -

プロ棋士敗れる

 以前、将棋のプロ棋士にパソコンソフトが挑戦しているという記事を書いたことがある。

そのときは米長元名人が現役を引退した棋士としての立場でパソコンソフトと対戦して敗れたのだが、

今回はついに現役バリバリのプロ棋士にパソコンソフトが挑戦することになった。
しかも、棋士五人とソフト五つが戦う団体戦だ。

この電王戦、緒戦こそプロが勝ったものの、二戦目でソフトが勝って現役のプロ棋士が初めて公式の場で敗れてしまった。
この敗戦がまぐれでないことは、三戦目でも再びソフトが勝ったことで明らかだろう。

もっとも今回の敗戦には、中盤に優勢を築いたプロが終盤に秒読みに追われたという事情もあったようで、ルール自体の公平さも今後問われそうだ。


チェスの世界チャンピオンがコンピュータに敗れたのはたしか1997年のことだった。
それからわずか16年、チェスよりもはるかに複雑とされる将棋においてもコンピュータはプロを負かすまでに進歩している。

囲碁を打たなくなって久しく、現在の囲碁ソフトと対戦したことはない。
ネットで調べてみると、強いものでアマ初段程度にはなっているようだ。
囲碁と将棋とではゲームの性質が違うからコンピュータが囲碁のプロ棋士に勝てる日は永遠に来ないだろう、とある囲碁棋士が言っていたことがある。

チェスでチャンピオンがコンピュータに負かされた時分、将棋のファンは「将棋はまだまだ」と考えていた。
今や、囲碁ファンは「囲碁はまだまだ」などと安閑としていられないのかもしれない。


なんにせよ、これでプロ側の一勝二敗となった。
残るプロは塚田泰明九段とA級棋士の三浦弘行八段の二人だ。
次回対戦は4月13日(土)。
果たしてプロはプロとしての面目を保てるのか?
個人的な希望としては、「日曜日にやってよ」と言いたい。
対戦が日曜日なら、絶対にリアルタイムで見る自信がある。(笑)


Vキャンパス 塾長

育星舎 Vキャンパスへのお問い合わせはこちらから

yururin | Vキャンパス | - | -

チェバの定理とメネラウスの定理

指導要領が新しくなり、新高2生およびその下の学年は一年前から新課程で勉強をしている。
新課程となって指導内容が大きく変わったのは数学と理科だろう。

と、ここまでは私の前回のブログとまったく同じ文章である。(汗)

チェバの定理とメネラウスの定理というのは、私たち世代は学校で習っていない。
しかし近年は高校生が数Aで履修することになっていて、さらに新課程のもとではとうとう中2で習うことになってしまった。
とは言うものの、けっして難しい代物ではなく、解き方の要領を覚えた生徒たちはパズルのようにすらすらと問題を解いていける。


さてつい先日、ある中1生(新中2生)が「先生、質問です。」と私に声をかけた。
私「どれどれ。ああ、これはチェバかメネラウスだなぁ。」
私「この問題を解く前に、まずチェバの定理とメネラウスの定理の復習をしておこうか。」
私「メネラウスの定理というのはな、三角形と一つの直線があるときに成り立つ法則。チェバの定理というのは、三角形と一つの点があるときに成り立つ法則。」
(三角形と一つの直線を描いて)
私「ほれ、ここに三角形と直線がある。二ヶ所で三角形と線分が交わってるな。この線分と直線は交わってないからこうやって線分を伸ばして交わらせてみよう。」
私「このとき成り立つ式があったよな。」
(三角形を指でなぞって一周しながら)
私「分母・分子・分母・分子・分母・分子。」
私「で、この式がいくつになるんだったかな?」
生徒「1です。」
私「そうそう。そのとおり。」
私「そしたら、次はチェバの定理な。」
(と、同様に三角形と点を描いてチェバの定理の確認を行います)

私「さあ、チェバの定理とメネラウスの定理の確認ができたところで、さっきの問題を解いてみようか。」
私「この線分とこの線分の長さの比を求めたいわけだから、二つの線分を含む三角形をイメージしてみよう。」
(生徒は「はっ!」と顔を輝かせて)
生徒「先生、ここに三角形と直線があります。」
私「見えたな。じゃあ、指でなぞりながら三角形を一周してみて。ほら、分母・分子・分母・分子・分母・分子」
私「で、この式の値がいくつになるの?」
生徒「1です。」
私「じゃあ求めたい二つの線分の長さの比は簡単に求められるよな。」
生徒「6:1です。」
私「ほら、簡単だった。ここから先の問題もおんなじ要領だからおんなじように解いてみて。」
生徒「はい。やってみます。」


私「あ、ところでね。チェバの定理とメネラウスの定理って似てるよな。」
私「二つの定理の区別の仕方を考えたことってある?」
生徒「・・・」
私「あ、考えたことない?どっちが線でどっちが点だったか、ごちゃごちゃしてなかなか覚えられないよな。」
私「じゃあ、今考えてみよう。」

(計算用紙に
   メネラウスの定理 ⇒ 線
   チェバの定理   ⇒ 点
と書いて)

私「突然だけど、『目が点』って言葉、聞いたことある?」
生徒「はい、知ってます。」
私「チェバとメネラウスの場合はな、『目が線』って覚えようか。」
生徒「???」
私「メネラウスの『メ』が線な。」
私「必然的に消去法でチェバの定理は点だと覚えられるから。」
(生徒は再び目を輝かせながら)
生徒「!」
私「そしたら次の問題もおんなじように解いてみてね。」
生徒「はい、わかりました!」


以上、Vキャンパスの日常的な風景をほんのごく一部切り取って描写してみました。
くだらん覚えさせ方をしていると笑われそうですが。
くだらん割りには、一度聞いたらどの生徒も覚えてしまうところを見ると実効性は高いようで。(笑)
こんな風に生徒たちの目を輝かさせるのが私たちの仕事なのかな、などと思いながら日々の仕事に励んでおります。(笑)


Vキャンパス 塾長

yururin | Vキャンパス | - | -

ユークリッドの互除法

 

指導要領が新しくなり、新高2生およびその下の学年は一年前から新課程で勉強をしている。

 

新課程となって指導内容が大きく変わったのは数学と理科だろう。

 

特に数学Aには、科目の名称は以前のままながら、学習する単元に新しく『整数の性質』というものが加わっている。

 

整数の問題というと、京大の入試問題には頻出ながら、学校で履修することなどあるわけもなく、今まではめったにお目にかからなかった分野だ。

 

それが今度は教科書の中にド〜ンとページを割いて整数が入ってきたので、私たちは一年ほど前から新課程の整数問題に取り組まざるをえなくなった。

 

フェルマーの小定理やら、ユークリッドの互除法やら、実は私たちも学校で習ったことのない内容が盛り込まれているからだし、整数問題には独特の解法というか発想があって、当然生徒たちもわからないと感じて質問が多発することになるからだ。

 

案の定、ユークリッドの互除法などはこの一年間で何十回と説明してきた。

 

しかし、学校で配られているプリントの解き方ではどうももう一つわかりにくいし生徒への説明もしづらい。

 

教えた生徒も、わかったようなわからないような、わかったつもりになっているような・・・。

 

プリントどおりの説明では生徒の反応が悪いのだ。

 

そこでネットで調べたり本を読んだり、あるいは自分なりの解法を考えたりと、わかりやすい説明を求めてあれやこれやとやってみることになる。

 

そしてようやく、ベン図や線分図を用いた自分なりの説明を編み出した。

 

いつも言っていることだが、教えるときには相手の頭の中にイメージを持たせてあげるのが肝要だ。

 

文字式だけで理解できる生徒はそれでいいが、「わからない」と質問してくる生徒はその問題のイメージが頭の中に持てずにいる。

 

だから図解して、イメージの湧きやすい指導をしなければならない。

 

先日ある新高3生が「学校からもらった」という整数問題に取り組んでいてユークリッドの互除法を質問してきたので、「チャンス!」とばかりに私なりのやり方でユークリッドの互除法を説明してみたところ、「なるほど。おお、すげー!」と喜んでくれた。

 

こうやってまた一つ、新しい教え方が誕生した。

 

 

Vキャンパス 塾長

yururin | Vキャンパス | - | -

囲碁が一番強いのは

前回、将棋の世界でもパソコンソフトが人間より強くなりつつある、と書いた。

チェス、将棋と来ると、次は囲碁の番か?となるのだが、

幸い囲碁のソフトは今のところ、プロに勝てるほど強くはないらしい。

それにはゲームの性格が大きく関わっている。

チェスや将棋は相手のキングや玉を詰めれば勝ちであるのに対して、

囲碁はその勝ち負けが将棋ほど単純ではない、ということだ。

囲碁のことをただの陣取り合戦だと思っている方も多いだろう。

たしかに最終的には陣地の多いほうが勝つのだが、終局に至るまでにはお互いの石の殺し合いや厚みという要素が絡んできて、囲碁はどちらかというとパソコンの得意な数値化がしにくいゲームなのだと思う。

とは言え、部分的な詰め碁の問題などはパソコンのほうが早くて正確に答えを出せるようになっているはずだし、厚みなどの数値化しにくいところがプロの思考に近づいていけば、いずれ囲碁もパソコンの軍門に下ることになるのだろう。

さて、いずれパソコンが囲碁の世界でもトップに立つとして、さらに強いのは神様であるはずだ。

では、神様同士が囲碁を打ったらどうなるだろうか?

二人の神様がコミ(ハンデ)なしで囲碁を打とうということになった。黒番の神様が一手打った後、しばらく考えた白番の神様が「負けました」と言って頭を下げた。

大昔になにかの囲碁の本で読んだ小噺でした。
※説明するのもヤボですが(汗)、囲碁は(ハンデがなければ)先手が圧倒的に有利です。

HT@Vキャンパス 

 

yururin | Vキャンパス | - | -
blank