「生徒」が「学問」を支えている?

「ここじゃ過去なんてものには一文の値打ちもないのかもしれんな」
 
生徒たちにとってはもうすっかり当たり前になってしまっているのですが、私は相当のアニメ好きです。と言っても最近の作品はほとんど見なくなってしまいましたが。上記のセリフは1980年代に流行った某ロボットアニメ劇場版作品の一つです。(当時から見て)近未来である2000年代の東京、昭和の古い家屋が壊されるシーンで登場人物の一人がぼそりとつぶやくセリフです。
最近塾の前にある家屋が取り壊されていました。私の通勤路でも何かの会社だったのでしょうか、ビルらしきものの解体がなされ、ものの一週間たらずで更地になってしまいました。そんな風景を見てこのアニメのセリフが不意に思い出されました。
かと思えば、久しぶりに河原町や京都駅に行ってみると、見慣れない店や建物ができています。京都では高校も公立私立ともに新設、校舎移転などが相次いでいます。きれいで目新しいのはよいことなのですが、ふと「これが建つ前は何が建っていたかな?」と思いだそうとすると、ちっとも出てこないことが多くあります。うーん、単に歳のせいかもしれませんが・・・。
京都は歴史ある街、昔のものが多く残る街、というイメージがありますが、地域によって新陳代謝が盛んなところとそうでないところがあります。そして観光地とされている所は「盛んな」ところと言えます。お寺も神社も祇園の花見小路も、よくよく見ていると修理や建て替えが頻繁に行われています。浄土宗総本山知恩院は現在御影堂の大修理中、下賀茂上賀茂両神社も式年遷宮が済んだばかり。歴史的なものを残すためには細やかなメンテナンスが必要なのでしょう。逆に、メンテナンスがなされていない過去は、前述のように忘れ去られてしまうのではないかな、と思います。
忘れ去られてしまう過去に「一文の値打ちもない」とは言い過ぎかもしれませんが、忘れ去られないためには相応の努力や出費は必要なのでしょう。京都という街が今の地位にあるのはそういった努力とコストの積み重ねの結果と言えます。ただ古いだけでは価値は生まれません。
思えば学問も連綿たる過去からの遺産ではありますが、それもまた常に刷新され、努力して勉強する生徒たちがいるから価値あるものとして今存在しているだとつくづく思います。生徒自身は半分いやいやなのかもしれませんが、それってとても大事なことなんじゃないでしょうか。勉強は本人の進路や将来のため、と同時に学問としてもその価値を維持することに通じる。今必死で勉強しているその学問は、他ならぬその生徒自身が支えているものだと思えば、ちょっとは勉強する意義が見えてくるのではないでしょうか。
 
さて、私もあまり古いアニメ作品を懐古するだけじゃなくて、たまには最近の作品も見てみましょうか・・・?


伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

何かの役に立つものではありません

今月は相次いで日本人のノーベル賞受賞者が発表されました。
大村博士は微生物の研究を長年されて、その過程で発見された物質が農薬や医薬品に利用されおり、特にアフリカで多くの人が失明をしていた病気の治療法として効果があったことに対して今回の受賞が決まりました。
梶田博士は、2002年に同じくノーベル物理学賞を受賞した小柴博士のもとで、素粒子「ニュートリノ」というものの研究をされ、これまであまりに小さくて質量がないとされていたニュートリノが振動することを発見、ニュートリノに質量があることを証明したことで受賞が決まりました。
梶田博士の受賞決定のコメントがとても印象に残っています。
 
「この研究はすぐに何かの役に立つものではありません」
 
なるほど、ニュートリノに質量があるというのは何か実用的な発見でも研究でもないようです。しかし梶田博士はコメントをこう続けられます。
 
「しかし、この研究は人類の知の地平を拡大する、そういう研究です」
 
塾で勉強に悩む生徒が時々もらす言葉はたいてい決まって「こんなん何の役に立つん?」です。その気持ちはよくわかります、私もそうでしたから。「社会に出たら学校の勉強なんて何の役にもたたない」という大人もたくさんいますし、実際そういう場面も多々あるでしょう。でも、学校で勉強する物事って、「人類」とまでは言わなくても「自分」の知の地平を広げるものなんじゃないでしょうか。
すぐに役立つわけではないし、一生使わないかもしれない。そんな勉強や研究の上に私たちの世界は成り立っています。役に立たないんじゃなくて、役に立てていないだけかもしれません。何がどこで役に立つかなんて誰にもわかりませんし。ただ、そんな研究の蓄積が足下にあるぞ、と知っていることは重要なんじゃないかな、と思います。
 
大村博士の研究は多くの人の命を救い生活を助ける、まさに「人類に貢献する」研究です。博士は受賞決定のコメントでこのようにおっしゃられました。
 
「賞の半分は微生物にあげたい」
 
一見とるに足らない足下の微生物がこの研究発見の立役者ということを考えると、すぐに役に立つ勉強だけが学問ではないんじゃないかな、と考えさせられます。


伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
 
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

受験生に送る言葉


私立高校の受験まであと3日、公立高校の前期試験まであと10日ほどとなりました。大学受験はもうすでに終わっている生徒もいますが、一般入試をする生徒はまさに本番真っ最中といったところです。受験生に送る言葉を毎年考えていますが、今年はこれにしました。
 
「一眼、二足、三胆、四力」
 
剣道をしている中二の生徒から聞いた言葉です。彼は中学入学前から通塾してくれているのですが、その一方で剣道に非常に熱心に取り組んでいます。剣道場に所属し、連休や夏休み・冬休みなどは大会に出場するため他府県を飛び回っています。文武両道を志す彼曰くその心は、
 
「最も大切なのは洞察・観察、その次は足さばき、次に心持ち(胆力)、そして技力」
ということだそうです。
 
なるほど、これは受験やテストを受ける心がまえにも使えるのではないかな、と思い少し手を加えてみました。
 
一眼・・・まずは問題をよく見る。
二足・・・解答する場所に注意。(足さばき=ポディショニング=場所・・・苦しいかな?)
三胆・・・あわてない、動じない心。
四力・・・学力の出番はそれから。
 
これは私が勝手に解釈したものですが、わりと元ネタにも通ずるものがあるんじゃないかな、と思います。武道と受験、形は違えども勝負の世界はどこかでつながっているのかもしれません。
では、受験生諸君、受験生でなくても学年末試験を控えている諸君、頑張ってきてください!


伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から

 
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

体調管理

 先日朝起きると、なんだか体が重たい。筋肉痛の軽いのが全身で起こっているような感覚です。「風邪かな・・・?」と思ったのですが、熱はなく鼻や喉も平気です。念のため葛根湯なんかを買ってきて飲んで、マスクをして出勤したのですが、その日の夜はくしゃみの嵐に見舞われてしましました。幸い熱は出なかったのですが、その日の夜は薬を飲んで早々に就寝。すると翌日はケロッと治っていました。
 今でこそ頑丈そうに見える私ですが、実は小学校に上がる前は喘息+病弱な体質の子どもでした。よく風邪をひく、喘息の発作、おなかを壊す、卵アレルギーと親には心配をかけたものです。中でも5歳の夏、母親の実家に行った先で髄膜炎(ずいまくえん)なる病気にかかってしまい、一週間ほど入院をしたことがあります。当時はただただ気持ちが悪い中を、病院のベッドで寝て過ごし、何やらデカい痛い注射を背中に二回ほど刺される・・・といった記憶しかありませんでした。大変だったのは母親が私につきっきりだったため、その間一緒に来ていた当時2〜3歳のただでさえ泣き虫盛りの妹が、一週泣きに泣いて祖母を辟易させていたことでしょうか。後から聞いた話、入院中私は40度の熱を出していたそうです。しかしその発熱を乗り切ったおかげで免疫力がついたとか何とか、それから今日まで喘息以外病気らしい病気をしたことがありません。調子を崩しても熱が出ることはほとんどありません。
 いや、そうした状況に甘んじていたのでしょうか。帰宅後自宅をよく見ていると、窓が少し開いたままでした。どうも最近寒いと思っていたのは、気候のせいだけではなくこのせいか・・・。
 これから受験生には勉強と同時にコンディションの管理もしていってもらわなければなりません。受験生でなくても、定期試験の当日早朝から開講している『朝学』で「昨日は三時間しか寝てへん〜」なんて言う生徒に対して「馬鹿モン!!」と言っている手前、自分の体調管理がおろそかになるのは恥ずかしい限りです。
 何をするにも体が資本というのは言い得て妙で、上記の生徒のようにコンディション度外視で勉強時間にあてても、身に付くものは少ないです。能率が下がるか本番で集中力を欠くか、どの道マイナスにはなってもプラスになることはありません。定期テストや受験を目前にした中学生・高校生がそういう心理になることは理解できますが、そういう状況は直前ではなく一週間前、一か月前、「まだ時間あるやん・・・」と思っているときに行うべきでしょう。ということで、受験生の諸君、冬期講習がその時期です!!

 そして、そういった生徒たちを最適のコンディションにしなければならない立場にいる私が風邪気味になるとは・・・反省しています・・・。

伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から

 
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

Sorry, I don’t know.(ごめんなさい、わかりません)

 私の住んでいる家は近くに有名な神社や大きな禅寺があるので、海外からの観光客がとても多いところです。ある日自転車での通勤中に、旅行中らしき初老の白人男性から英語で話しかけられました。近くの能楽堂を尋ねられたので、華麗に(自分のイメージでは…)英語で受け答えをして案内をしました。
 お礼を言われ、「なんだ、私の英語もなかなかやるじゃないか!!」などと有頂天だったのですが、また別の日、同じようなところで今度は初老の白人女性に声をかけられました。季節は紅葉の盛り、近所の神社も禅寺も紅葉の名所です。ガイドブック片手に英語で「(日本語訳)このお寺はどこにありますか?」と尋ねられました。
 「多分あそこかどこそこだろう」などとおおよその見当をつけ、頭の中で道案内の英文を考えながらその英語で書かれたガイドブックをのぞきました。ところが・・・「Jindoji」と見慣れぬお寺の名前が、見慣れぬお寺の写真と一緒に載せられていました。
 「じんどじ」?「じんどうじ」?知らない!有名な○○神社や禅寺の××寺じゃなくて?いや、そもそもそれほど大きな寺じゃなくても、そんな名前のお寺はあったかな?自慢じゃありませんが神社仏閣を巡るのが趣味ですので、この近辺に引っ越してからは一通りめぼしい場所はチェックしています。が、まったく心当たりがありません。漢字表記が分かればあるいは・・・と思っても外国のガイドブックなので望むべくもなく。説明書きを読もうにも、こちらも通勤中なのでそれほどの時間もない。
 結局「Sorry, I don’t know.(ごめんなさい、わかりません)」と言ってその場を去りました・・・かっこ悪い。その後どうにも気になったので、スマホで調べてみたのですが、木津の方に「神童寺」というお寺を発見しました。紅葉とツツジが有名なお寺だそうです。私が声をかけられたのが烏丸今出川なので、木津までだとずいぶん距離があります。電車も使わないといけませんが、あの方は無事たどり着けたのでしょうか・・・?
 分かった気でいると思わぬところに落とし穴がある、ということを実感しました。受験生の皆さん、「理解している」「知っている」という所にこそ魔物が潜むものです。ご注意を・・・。

伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

昔の暦

 昨日から十二月です。昔の呼び方(旧暦)で十二月は「師走」と書いて「しわす」と読みます。よく「普段は偉そうにあまり動かない教師も、走らなくてはいけないくらい忙しい月」だから「師走」と思われがちですが、そんなことありません!塾の講師は一年中忙しい!
 ・・・というのは冗談で、実は師走の語源ははっきりしていません。「歳、果てる」から「[と]し
((は))つ」→「しはす」になったとか、「師」は僧侶の事を表していて、年末の仏事でそこらじゅうでお経を上げて回らなくてはいけなかったため「師、走る」から「師走」になったという説もあります。
 他の月も見てみましょう。諸説あるのではっきりとしたことは言えませんが、有力な説を上げると・・・
 一月・・・睦月
((むつき)):正月で親類知人が集まって仲 ( むつ ) まじく過ごすからだそうです。
 二月・・・如月
((きさらぎ)):寒くて着物の上から更に重ね着をするという意味の「 ( き ) ( さら ) ( き ) 」の漢字を変えてだとか。
 三月・・・弥生
((やよい)):「弥」は「ますます」という意味。暖かくなってきて草木が「ますます生える」という意味から。
 四月・・・卯月
((うづき)):卯の花(ウツギ)が咲く季節だからだとか。
 五月・・・皐月
((さつき)):「さ」とは耕作を意味する古語だそうです。農作業を始める季節という意味でしょう。
 六月・・・水無月
((みなづき)):田に水を引く季節「水の月」から。「無」は助動詞「の」を表すと考えられています。真夏で水不足になるから、という説もあります。
 七月・・・文月
((ふみつき)):書道など文字を書く技術の上達を願う「七夕」の行事からきています。
 八月・・・葉月
((はづき)):旧暦の八月は現在の九月〜十月くらいですので、葉っぱが落ちはじめる時期だからという説があります。
 九月・・・長月
((ながつき)):秋の夜長、夜が昼よりも長く感じられる時期だからだそうです。
 十月・・・神無月
((かんなづき)):収穫や秋祭りの季節なので、「神の月」から。水無月と同様「無」は助動詞の「の」を表します。神道では全国の神様が十一月に出雲に集まるらしいので、その間神様がいなくなる月、という説もあります。
 十一月・・・霜月
((しもつき)):霜が降りはじめる季節からだそうです。
 
 といった感じです。ちなみに旧暦は今の暦(新暦)よりも一ヶ月半ほど前にずれます。ですので、旧暦の一月は現在の二月、節分がその名残です。また中国などでは今でも二月の中ごろ、旧正月に春節祭というお祭りをしています。梅雨時は旧暦の五月にあたるので「五月雨
((さみだれ))」なんて言葉も残っていますね。現在ではよく雨に降られる七夕ですが、旧暦七月は今の八月なのでよく晴れています。仙台七夕が八月に行われるのはこの名残です。
 これに二十四節気や節句、十干十二支などの暦を重ねるともっと色々面白いことが分かるのですが、長くなりそうですので、今回はここくらいでやめておきましょう・・・。


伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

英語教育

 ち ょっとかたいお話。先日ニュースをみていたら、中央教育審議会の総会で「小学校3年生からの英語教育の導入」などが議論に上がっている、という話がありました。
 中央教育審議会(略して中教審)とは、文部科学省の審議会の一つで、教育課程から生涯教育など、教育に関してかなり広い分野について調査審議したり、方針を文部科学大臣に意見したりする機関です。もっと分かりやすく言えば、学校の指導要領や「ゆとり教育」「脱ゆとり」「生きる力」などの文部科学省の方針に大きな影響を与えている審議会です。
 通常十年に一回のペースで行われる小中高の指導要領改訂について、本来なら次の改訂が小中で平成29年(2017年)、高校で平成30年(2018年)に行われるはずでした。が、今回の総会で、平成32年(2020年)に行われることになった東京オリンピックにあわせて、その改訂を早くて平成28年(2016年)に前倒しする、という方針が打ち出されました。この改訂の核となるのが「英語教育の充実」なのだそうです。
 東京オリンピックの開催に向けて、「グローバル化に対応した人材育成が急務となったため」とのことで、具体的には‐学校三年生で外国語活動の開始、五年生から英語教科化。中学校において英語で行う授業の実施。9盥擦任榔儻譴任糧表・討論・交渉など・・・を盛り込むそうです。
 
 以前から早期の英語教育については賛否両論ありますが、こと「英語を話す」ことを主眼に置くなら、早いうちからの英語教育は的を射ていると思います。年齢とともに脳の吸収力は低くなりますので、早ければ早いほど単語も発音もすんなり頭に入ることでしょう。成人してから学ぼうとしても、ほとんど歯が立たないのは実感するところです。
 ですが一方、我々が普通に話しているように思える日本語も、実は文法・語法をみると正しくない…なんてことはよくあることです。これは早いうちから英語をマスターしている英語圏の人々にも同じことが言えるのではないでしょうか。つまり、流暢に話せることと文法的・語法的にマスターすることは、大きく違いがあるということです。そして、日本における英語教育は、今のところ文法的・語法的な領域の占めるところが大きいと言えます。まあ、学校の授業はともかくとして、高校・大学の入試の問題ともなれば「問題」にしないといけないので、そうなるのは致し方ないことですけどね。
 
 行政が英語の「コミュニケーション能力」を重視するのは理にかなっていると思いますが、学力判定や入試など、実務面にまでは対応が追いついていない印象ですね。「東京オリンピックにむけて・・・」というのは少々性急過ぎじゃないでしょうか。オリンピックのために英語勉強するわけではないのですし・・・。
 
 否。このギャップにこそ塾の出番があるというものなのでしょうか!?


伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

母校の話

 先日、地元に住む小学校来の友人と会ったのですが、我が母校の小学校が少子化の流れに逆らえず近隣の小学校と合併および小中一貫校になるということが決定したと聞きました。聞くところによると、現在我が母校の生徒数はおよそ60人〜70人程度、各学年1クラスずつしかないので6学年合わせて計6クラス、二校舎三階建の建物の二・三階部分しか使っておらず、一階は地域に開放しているか完全に遊んでいるかという状態だそうです。私が卒業した時点でも、各学年2クラスほどしかない状態でしたが、こういう現状を聞くとなんだか寂しいですね。状況的に致し方ないのかもしれませんが、校名が変わるとなると小学校と中学校、二つの母校がなくなっちゃうことになります。
 
 改修工事等々で一旦隣の学区の校舎に引越しをするのですが、最終的には我が母校の小学校がある所に集約され、しかも施設一体型になるとのことです。東山開彰曄⇔辛学園のような感じでしょうか。やはり学校名も変わってしまいそうな流れです。この小中施設一体型一貫校は、2007年に花背小中が京都でははじめての試みだったようですが、再来年に9年間過ごした生徒が卒業する予定です。学校の先生がいろいろ試行錯誤をしている噂は聞きますが、学校は(塾も)地域性というのが如実にでますので、どこかの成功例・失敗例が余所に当てはまるか、というのは難しいところでしょう。
 
 さて、目下我が母校のPTAで問題になっているのは、先程から私も気にしている校名なのだそうです。京都には元学区という独特の学区割があり、その影響で校名が妙に難しくてカッコいい小学校がたくさんあります。北野学舎に近い所でいえば「大将軍(だいしょうぐん)」「翔鸞(しょうらん)」「仁和(にんな)」、京都市内でいえば「待鳳(たいほう)」「乾隆(けんりゅう)「養徳(ようとく)」などなど、京都独特の地名や寺社仏閣の名前、中国古典からとった校名もあるようです。小学校名のカッコよさでいったら京都にかなうところはないんじゃないでしょうか?
私の地元は京都の中心からやや離れた所にあるので、元学区の影響は薄いはずなのですが、ここぞとばかりに張り切ったカッコいい校名にされるような気がしてなりません。もちろん元の名前を残そうという意見もあるみたいですが、それはそれで合併して移動して来る学校には不公平な気もします。カッコいいのは大歓迎なのですが、なるべくならあまり難しい漢字を使わない、なじみやすい学校名であってほしいですね。

伸学アルファ北野個別  板原


伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

衆議院解散か!?というニュースもありますが・・・

 各中学校の定期試験が今月末にかたまっているので、そろそろ教室がぎゅうぎゅう詰めになる頃です。特にこの時期は国語・理科・社会は覚えることがいっぱい、高校受験も考えると暗記ものの科目は大変な時間と手間を必要とします。そこで登場、一問一答の語句チェックテスト。
 理科や歴史や地理は、その性質上時間が経っても用語や数値や内容が大きく変わることはあまりありませんが(十年経とうが織田信長は織田信長で、水の沸点は100℃なのは変わりません)、公民の内容については去年と今年では大きく変わることがよくあります。例えば消費税率、例えば内閣総理大臣の名前。そしてその変った部分が出題されるのが入試の常といえます。
 
 さて、毎年使っている一問一答の原稿を眺めてみて、2013年に衆議院の議員定数が475議席に改訂された(正確には次回の衆議院選挙から衆議院議員数が475議席になる)ことを思い出しました。
 いわゆる「一票の格差」を是正するために、山梨・福井・高知・徳島・佐賀の5県の選挙区を3から2に減らすということです。「一票の格差」とは、人口の多い選挙区と人口の少ない選挙区では、一票の(有権者一人当たりの)重さが違ってくるので憲法が定める「平等権」に違反する、との裁判所の判断がなされている件のことです。極端な例を出すと、人口100人の選挙区では1票は100分の1の価値です。一方人口10000人の選挙区なら1票は10000分の1ですので、その差実に100倍の違いということになります。
 ハイ、これよくテストに出ます。
 
 微妙なところで、今現在議員数は480議席なので「衆議院『議員数』は480議席!」と教えるのは間違っちゃいないのですが、いつになるかわからない「次回」から「衆議院『議員定数』は475議席!」と教えるのもなんだか変な感じです。なるべく覚える数字は少ないことに越したことはありませんしね。現在使われている教科書は、法改正の前に編さんされたものなので、480議席とされていますが、今後学校ではどう教えているのでしょう?現在中三の社会科が公民まっただ中なので、その動向を観察しています。 
 とはいえ、以前は某アイドルグループよろしく「SGI48(シューギイン フォーティーエイト)」とか言っておけば語呂合わせになったのですが、「475」は語呂合わせしにくいですね。
「シナゴ・・・」?「ヨナゴ・・・」?「米子(鳥取県)」?「ヨシチコ・・・」?「よし子・・・」?
んんんんんん、ピンとこない(米子の皆さまと、よし子の皆さまにお詫び申し上げます)。ちなみに参議院は「西に(242議席)参議院」と語呂合わせするのが一般的です。
 語呂合わせってあまり信用していないのですが、ピシャリとはまる語呂合わせは俳句や短歌みたいな鑑賞のしがいがあって楽しいですね。「475」にもそんな語呂がつくといいな。

伸学アルファ北野個別  板原


伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -

3日ほど過ぎてしまいましたが・・・

 
ハロウィンでした。私が中学生くらいの頃は、「ヨーロッパにそういう行事がある」というくらいのイメージしかなかったんですが、ここ最近は一大イベントと化していますね。
もともとハロウィンはケルトの大みそか(北欧の新年は収穫の時期を基軸とした11月1日だそうです。)ですので、ジャック・オー・ランターン(カボチャのお化け)はさしづめ秋田のナマハゲといったところでしょうか。
 
そういえば同じくヨーロッパ、キリスト教での大みそかにあたるクリスマス・イブの主役、サンタクロース。現在は赤い服で髭のおじいさんのイメージが強いですが、このイメージがつく前は、緑のローブを着た聖人だそうです。そしてこのサンタクロースはドイツやルーマニアなど一部の地域では、クリスマス・イブに恐ろしげな悪魔を連れてきて、悪い子にはお仕置きをするのだとか。サンタクロースはナマハゲ使いだったんですね…。なるほど、「年の瀬に鬼や悪魔や妖怪がでる」という伝承は世界中でさほど珍しくないもののようです。
 
現在高三の受験生を指導しているのですが、京都産業大学の現代文の問題にフッサールの「人類というものは、あらかじめ直接的および間接的な言語共同体として意識されている」というフレーズが出てきました。日本語とか英語とか、特定の言語を話す人々の共同体、という意味ではなく「人類の地平に属する『普遍的な言語』を指す」のだとか。
正直とても難解な文章ですが、言語に限った話でなければこの「年の瀬に出てくる妖怪」のような、なんとなく世界共通でイメージされる事柄のことなんじゃないかな、と思いました。新年のタイミングは地域それぞれ違うのに、新年に持つイメージは人類共通なのかもしれません。
 
ともあれ、イベント好きの日本人は日本古来の年末年始・クリスマスに加えハロウィンという新たな年の瀬イベントを手に入れてしまいました。場所によっては中国の春節祭を祝う所もありますね。さて、今度はどこの年の瀬をとりこむのでしょうか?

伸学アルファ北野  板原


伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -
blank