<< 個人懇談で得るもの多し | main | ロボカップジュニア世界大会(オランダ)世界第2位 >>

民主主義

参院議員選挙の告示がなされ、本格的な選挙活動が始まっている。
7月6日から全国順次公開されるというドキュメンタリー映画「選挙2」の内容をある新聞で読んだ。

 ・・・・・・圧巻は後半。駅前で「行ってらっしゃいませ」とひたすら呼びかける他候補たち。全くビラを受け取ってもらえずひたすら自分の名前を連呼する姿は哀れですらある。・・・・・そしてひたすら政策ではなく、名前を連呼した候補者は当選し、山さん※は落選。・・・・・・

※ 番組はこの方の孤立無援の選挙戦を描いている


愚息がこの春、あるNPO団体の活動に参加し、実際の議員の地元の行動を目の当りにしたようだ。そしてまとめたレポートを先日読んでみた。文章の最初の見出しを見て笑った。

 ・・・・(i) 民主主義はやめた方がいいと思った

「こんなこと書いていいのか。世話になったのに」と親としては反面思ったが、

 ・・・・そのため選挙戦は、政策の良し悪しを競うというよりは、どれだけ地元選挙区の有権者と握手できたかという人数を競う、「握手戦」になる。・・・・・

と彼は主張する。

後日その議員さんは議会の会期中にこっそり地元に帰ったことが問題になったことを私は新聞で知った。

しかし、息子よりも昔にそのことを指摘していた有名な政治家がいた。英国のチャーチル元首相だ。

民主主義は、これまで試みられた他の全ての政治体制を除けば、最悪の政治だ。



入江塾 塾長

育星舎 入江塾へのお問い合わせは こちら から



yururin | 入江塾 | - | -
blank