<< テスト前 | main | ようやく80点台に >>

テスト返却日の電話

定期テスト対策に追われていた日々が終わり、ほっと一息。

と思ったら早速、翌日からテストの返却が始まり、

「ちゃんとできただろうか」と気をもむ日々が始まります。

 

そのとき一本の電話。

電話番号の表示で、あの生徒の家からだとわかります。

(さてはテストの点がよくて電話してきたのか!?

と期待して電話に出ると、なんと保護者の方から。

「テストが返ってきたんですけど」と。

 

(わざわざ電話してくるなんて、まさか悪い点を取ったのか!?

おそるおそる「どうでした?」と聞いてみると

「すごくいい点やったんです!」

「ほんまですかー!」

「数学がクラスで3番になりました。他の科目も上がってました。

家ではあんまり勉強しないんで、毎日塾に行って勉強させてもらって助かりました。

わかりやすく教えてもらったと言うてました。

先生のおかげです。ほんまにありがとうございます!」

「いや〜○○くん、よく頑張りましたね〜」

 

点数という結果もさることながら、前より勉強への意欲が出てきたのも嬉しかったようで、

律儀にお礼の電話をしてくださいました。

私も非常に嬉しく、ほんとは上記の文面よりもっとハイテンションな受け答えをしていました。

 

後で聞いたところ、本人は自分の点を勝手に先に言われてちょっと怒ってたそうです。

でもね○○くん、先生からも頼むし、許したってくださいな。

お母さんは律儀にお礼を言おうとしたんだし、ものすごく嬉しかったんだよ。

それにその電話1本で、お母さんも先生も、とってもハッピーになれるんだから。

伸学会西ノ京 塾長


育星舎 伸学会西ノ京へのお問い合わせは こちら から

yururin | - | - | -
blank