<< 自信の根拠 | main | 「すべてが益に」 >>

倍返しだ!

高視聴率のうちに終了したあのドラマ。
普段テレビなどめったに見ない私も、毎週楽しみに見てしまいました。
ドラマを見るなど実に5〜6年ぶりです。
そして桂学舎の生徒達の中でも・・・大人気でした。

中学3年生A 「毎週録画しておいて、昨日一気に見た!」
中学3年生B 「あれはヤバイ!」
社会科が苦手な女子の間でも話題に。

小学6年生C 「最終回が、なんだかなあ・・・」
その年で内容をすべて理解しているのならば、それはかなりスゴイぞ。

高校1年生D 「先生、大和田常務のモノマネしてください」
さあ私に君の覚悟を・・・ いやいや、できません。

融資、担保、稟議書など生徒達にはなじみの薄い語句も多いはずですが、
親が見るから一緒に見る、という生徒が多いのだと思います。
でもかなり難しい内容なんじゃないのかな?

と、ここでよみがえる記憶。
私は中学生の頃、『お金がない!』(織田裕二主演)というドラマを
毎週楽しみにしていました。
舞台は外資系の大手保険会社。学歴もお金もない青年が、無職の状態から
大胆さと誠実さ、そして運を武器に大企業でのし上がっていくお話です。

中学生ながらそのドラマを見たとき、
「働くって、おもしろそうだな!」
と強烈に思ったものでした。



ふむ・・・そうか・・・!
あのドラマに興味を持つということは、
桂学舎の生徒達も、働くことに対して何かを感じてくれているのかもしれませんね。
職業体験も大切ですがドラマから学ぶことも多いのでは、と思います。

桂学舎の生徒たちも立派な社会人になってくれることを祈っています!




個別アルファ桂 塾長
育星舎 個別アルファ桂へのお問い合わせは こちら から


yururin | 伸学アルファ桂 | - | -
blank