<< タラちゃん | main | 辞書活用の効果 >>

シケる


小6生男子数人が夕方はやくから自主学習に来ていた。
「蚊がいる」と言って、生徒が教室置きのキンチョールを手に持った。なかなか手離さない。いつものことであるが気になって仕方がないようだ。
「もう蚊も勢いがないから気にするな。それに蚊ではないかもしれん。」「ほら蚊ですよ」・・・・・「こら、勉強に集中せい!」

自習時間が終わり頃だった。私も怒ったままでは後味が悪い。
「虫は無視せい!」と勇気(?)を持って言ってみた。
一瞬・・・・「シケる」とその子が言ったので皆が笑った。意味がわからなかったので「それは漁などの“時化る”から来たのか?」と聞くとさらに笑われ、他の子が「現代用語辞典で調べてはどうですか」などと生意気に言う。

教室を出ていくときに、「聞きたくなかったなあ」と誰かが言った。
普段は私にピリピリしている生徒だが、ちょっと気を許すとこういうことになる。



  入江塾 塾長
育星舎 入江塾へのお問い合わせは こちら から

 
yururin | 入江塾 | - | -
blank