<< 母校の話 | main | 素数 >>

乙訓高校を訪問しました

18日に乙訓(おとくに)高校で開催された塾対象説明会に参加しました。昨年に続き2回目となります。
もともと競馬場だったこともあり、やはり敷地は広大。加えて、きれいな校舎、全教室完備のプロジェクター、芝生のグラウンドが特徴で、公立高校でありながら私立高校に負けず劣らない外観と設備が印象的な高校です。

もうひとつ印象的なのは生徒のあいさつ(おそらく野球部)。すれ違う度にガタイの良い男子生徒が立ち止まり、「こんにちは!」と大きな声であいさつしてくれます。鳥羽高校の生徒も同様にあいさつが印象的でした。こういったところに、パンフレットや資料では見えない校風が垣間見えますね。

昨年はグラウンドやスポーツ関連施設をぐるっと1周案内していただきましたが、今回は1〜3年生の授業風景を見学させていただきました。
多くの学校は廊下と教室の境にある窓ガラスが「すりガラス」で、教室内があまり見えませんが、乙訓高校はすべて透明ガラス。廊下側から全ての生徒が見えるため、とても解放的な雰囲気です。1年生の教室にて在塾生の姿を探しましたが発見できず。無念!

※手前は生徒用校舎入口。前庭や中庭などがとにかく広い。奥に見えるのが芝生のグラウンド。

今年は洛西高校、桂高校、西乙訓高校、鳥羽高校、田辺高校、西京高校などの公立高校を訪問しましたが、本年度の塾対象の説明会はこれにて終了です。いよいよ受験シーズン突入であり、中学3年生の皆さんはラストスパートに本腰を入れていきましょう!

育星舎 伸学アルファ桂へのお問い合わせは こちら から
 
yururin | 伸学アルファ桂 | - | -
blank