<< 英語教育 | main | Sorry, I don’t know.(ごめんなさい、わかりません) >>

昔の暦

 昨日から十二月です。昔の呼び方(旧暦)で十二月は「師走」と書いて「しわす」と読みます。よく「普段は偉そうにあまり動かない教師も、走らなくてはいけないくらい忙しい月」だから「師走」と思われがちですが、そんなことありません!塾の講師は一年中忙しい!
 ・・・というのは冗談で、実は師走の語源ははっきりしていません。「歳、果てる」から「[と]し
((は))つ」→「しはす」になったとか、「師」は僧侶の事を表していて、年末の仏事でそこらじゅうでお経を上げて回らなくてはいけなかったため「師、走る」から「師走」になったという説もあります。
 他の月も見てみましょう。諸説あるのではっきりとしたことは言えませんが、有力な説を上げると・・・
 一月・・・睦月
((むつき)):正月で親類知人が集まって仲 ( むつ ) まじく過ごすからだそうです。
 二月・・・如月
((きさらぎ)):寒くて着物の上から更に重ね着をするという意味の「 ( き ) ( さら ) ( き ) 」の漢字を変えてだとか。
 三月・・・弥生
((やよい)):「弥」は「ますます」という意味。暖かくなってきて草木が「ますます生える」という意味から。
 四月・・・卯月
((うづき)):卯の花(ウツギ)が咲く季節だからだとか。
 五月・・・皐月
((さつき)):「さ」とは耕作を意味する古語だそうです。農作業を始める季節という意味でしょう。
 六月・・・水無月
((みなづき)):田に水を引く季節「水の月」から。「無」は助動詞「の」を表すと考えられています。真夏で水不足になるから、という説もあります。
 七月・・・文月
((ふみつき)):書道など文字を書く技術の上達を願う「七夕」の行事からきています。
 八月・・・葉月
((はづき)):旧暦の八月は現在の九月〜十月くらいですので、葉っぱが落ちはじめる時期だからという説があります。
 九月・・・長月
((ながつき)):秋の夜長、夜が昼よりも長く感じられる時期だからだそうです。
 十月・・・神無月
((かんなづき)):収穫や秋祭りの季節なので、「神の月」から。水無月と同様「無」は助動詞の「の」を表します。神道では全国の神様が十一月に出雲に集まるらしいので、その間神様がいなくなる月、という説もあります。
 十一月・・・霜月
((しもつき)):霜が降りはじめる季節からだそうです。
 
 といった感じです。ちなみに旧暦は今の暦(新暦)よりも一ヶ月半ほど前にずれます。ですので、旧暦の一月は現在の二月、節分がその名残です。また中国などでは今でも二月の中ごろ、旧正月に春節祭というお祭りをしています。梅雨時は旧暦の五月にあたるので「五月雨
((さみだれ))」なんて言葉も残っていますね。現在ではよく雨に降られる七夕ですが、旧暦七月は今の八月なのでよく晴れています。仙台七夕が八月に行われるのはこの名残です。
 これに二十四節気や節句、十干十二支などの暦を重ねるともっと色々面白いことが分かるのですが、長くなりそうですので、今回はここくらいでやめておきましょう・・・。


伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -
blank