<< 常に挑戦する姿勢を大切に | main | 本番前日 >>

受験生に送る言葉


私立高校の受験まであと3日、公立高校の前期試験まであと10日ほどとなりました。大学受験はもうすでに終わっている生徒もいますが、一般入試をする生徒はまさに本番真っ最中といったところです。受験生に送る言葉を毎年考えていますが、今年はこれにしました。
 
「一眼、二足、三胆、四力」
 
剣道をしている中二の生徒から聞いた言葉です。彼は中学入学前から通塾してくれているのですが、その一方で剣道に非常に熱心に取り組んでいます。剣道場に所属し、連休や夏休み・冬休みなどは大会に出場するため他府県を飛び回っています。文武両道を志す彼曰くその心は、
 
「最も大切なのは洞察・観察、その次は足さばき、次に心持ち(胆力)、そして技力」
ということだそうです。
 
なるほど、これは受験やテストを受ける心がまえにも使えるのではないかな、と思い少し手を加えてみました。
 
一眼・・・まずは問題をよく見る。
二足・・・解答する場所に注意。(足さばき=ポディショニング=場所・・・苦しいかな?)
三胆・・・あわてない、動じない心。
四力・・・学力の出番はそれから。
 
これは私が勝手に解釈したものですが、わりと元ネタにも通ずるものがあるんじゃないかな、と思います。武道と受験、形は違えども勝負の世界はどこかでつながっているのかもしれません。
では、受験生諸君、受験生でなくても学年末試験を控えている諸君、頑張ってきてください!


伸学アルファ北野個別  板原

伸学アルファ北野・衣笠へのお問い合わせは こちら  から

 
yururin | 伸学アルファ北野・衣笠【個別】 | - | -
blank