<< 女子力高めの単語帳 | main | 何かの役に立つものではありません >>

「世界史」

 
 久しぶりに「世界史」関連の本が読みたくなって、何冊かまとめて読んでみました。
高校2年生の時に世界史にはまって、他の教科そっちのけで、重箱の隅をつつくような
勉強をしたことがありました。いわゆる世界史オタクというやつで、一番やってはいけ
ない勉強のやり方をしたと今では思いますが、当時は数学の先生ともめてまで(注1)
のめり込んでいました。果ては、定期テスト前の土曜日に世界史の「授業」までする
(注2)ありさまでした。

 世界史のS先生というのが、白髪で英国紳士みたいな方で、お洒落で語り口も軽妙、
とても魅力的な先生で、最初の授業の時には、「世界史は嘘が多いから、都合のいいよ
うに作り替えられている」と言われ、いっぺんに虜になったことを覚えています。


 竹林七賢     武韋の禍     カノッサの屈辱

 都市の空気は自由にする     ボストン茶会事件


 魅力的な用語の連続で、毎回ワクワクしてとても幸福な時間を過ごしていました。カ
ノッサの屈辱!?何というネーミングセンスなの、と衝撃を受けたのは言うまでもありま
せんでした。

 今年は、しばらく世界史関連の本を読むことが続きそうな予感です。


(注1) 数学の先生に、「今回はテスト勉強しないから、赤点間違いなし」と軽口を叩
     いて、そのことが逆鱗に触れて職員会議で問題視されたこと。

(注2) 当初は7人だったのが膨れ上がって30人ほどになり、参加していたN君が世
     界史学年1位、教えていたほうが2位になった「伝説」の授業。


今回の書籍
『世界史の極意』              佐藤優   NHK出版書籍
『名画で読み解くハプスブルク家12の物語』 中野京子  光文社新書
『青木裕司 世界史B講義の実況中継』 ↓   青木裕司  語学春秋社
『2時間でおさらいできる世界史』      祝田秀全  大和書房
『2時間でおさらいできる世界史 近現代篇』   祝田秀全  大和書房


 伸学アルファ 衣笠 木村
 育星舎 伸学アルファ衣笠へのお問い合わせは こちら から
 
yururin | 伸学アルファ衣笠【集団】 | - | -
blank